太陽光発電って儲かるの?発電の仕組みと利点を知ろう!

総出力量10kWが全量と余剰電力の分かれ道

太陽光発電は住宅の場合には余剰電力を買い取りして貰える、産業用太陽光発電の場合はすべての電力を買い取りして貰う事が出来る違いを持っています。余剰電力とは余った電力、住居内で使わない電気を電力会社が買い取りする事を意味しています。これに対して、全量買い取りは太陽光発電で発電したすべての電力を売る事が出来るものです。基本的には住宅だから余剰電力買い取りと言う事ではなく、ソーラーパネルの総出力量が10kWを超えると全量買い取り、10kW未満では余剰電力買い取りになるのが特徴です。屋根の上に設置するソーラーパネルの枚数に応じて総出力量が変わりますが、総出力量が10kWを超えるソーラーパネルの設置数は40台や50台などのように数が多くなるため、住宅の場合には余剰電力買い取りが一般的です。

ソーラーパネルは太陽光発電の要です

太陽光発電の仕組みがどのようになっているのか、何故電気が出来るのか気になる人も多いのではないでしょうか。ソーラーパネルはN型半導体とP型半導体の2つで構成が行われているモジュールです。太陽の光がソーラーパネルの当たると、2つの半導体は互いに反発しあう、電子の移動により起電力が発生して電気を作り出しています。太陽の光は日の出から日の入りまでの間、ソーラーパネルに当たるので、この間は電気を作り出す事が出来ます。但し、日の出の時間帯は薄暗く、少しずつ明るくなるので、発電量をグラフで示すと時間と共に発電量が多くなる、直線のグラフになります。

太陽光発電を設置したいけれど、価格について悩んでいる方は多いです。太陽光発電の価格が気になる時は、見積もりを依頼したり、見学会を訪れたりして、積極的に情報を集めましょう。

Releated Post