勤怠管理の工数をもっと削減したい!タイムカードアプリで実現出来ます

タイムカードアプリはコストの削減にも効果

タイムカードアプリは従来使用していたタイムカードをアプリ化したもので、スマートフォンやタブレットのアプリとして勤怠管理が出来るなどからも利用する企業の数も多くなっています。タイムカードアプリは従業員が自分の稼働時間、残業時間を把握出来る、アプリを提供しているサービスに法人登録を行えば会社の中での勤怠管理システムとして活用出来ます。従来のタイムカードを始め、手書きの出勤簿などとは異なり、タイムカードアプリはITを駆使した管理が可能になるため、不正が起こりにくい正確な勤怠管理が出来るようになります。タイムカードによる勤怠管理の場合は、タイムレコーダーの維持や打刻済みのタイムカードの保管など、大きな会社のコストは膨大なものになります。タイムカードアプリは、従業員がいつも使用しているスマートフォンにダウンロードするだけで済みます。

業務効率のアップにも繋がります

タイムカードアプリの導入で、勤怠データはコンピュータに記録が行われるため、集計処理や残業時間の計算に時間を要していたものが短縮出来るようになります。タイムカードや手書きの出勤簿などの場合、他の従業員に打刻をお願いするなどの不正が行われがち、タイムカードアプリの場合は自分のスマートフォンで打刻を行いますし、サービスの中にはGPS機能と連動を行っているものもあります。こうしたシステムを活用する事は不正打刻防止にも繋がってきます。外回りが多い営業職の従業員も、タイムカードアプリを使えば職種に関係なく従業員全員の勤怠管理が実現します。

タイムレコーダー アプリが現在では人気となっています。タイムレコーダーは、専用の機器になると意外と高価ですが、アプリなら無料です。

Releated Post