こんな活用方法で使われているタイムカードアプリ

多様化した働き方にピッタリの勤怠管理法

今まではオフィスに出勤して働くのが一般的でしたが、今は働き方も多様化しているので勤怠の管理の仕方もそれに対応していく必要があります。そこで最近注目されているのがタイムカードアプリです。これをうまく活用すると、どんな働き方の従業員がいても、一括して管理ができて面倒がありませんし確実です。では、実際にどんな場面で使われているのでしょうか。

出先でも従業員の動向がわかって安心

働く場所が自社のオフィスだけとは限りませんので、どこにいてもアプリ一つで勤怠を共有できるのは便利です。例えば出向先にいても、自社の勤怠を使えるので計算も楽にできます。さらに出張で遠出していてもきちんと時間外や休憩時間なども管理できますので、どう動いているのかを把握するのにも役立ちます。オフィス外での活動が多い企業にも使える場面が多く、同じ勤怠ツールでまとめて管理できるので楽になります。

在宅勤務にも使えるからまとめるのが簡単

在宅勤務を進める企業も多くなり、さらにその動きは加速するでしょう。離れた場所にいてもいつから仕事をはじめ、中断した時間なども細かく知ることができないと給与の計算に影響します。そんな時でもタイムカードアプリなら自宅でも会社共通の勤怠をつけることができます。出勤時間から退勤時間はもちろん、休憩も記録できるので時給制の方でも使えます。さらに、このアプリで稼働しているかを確認してからネット会議や仕事の依頼や確認などができるので無駄なくコンタクトをとる手助けもできます。社員から在宅従業員やアルバイトまで、勤務体系を超えて全員で共有できるので状況が把握しやすいのもメリットでしょう。

タイムカードアプリは、従業員の出退勤等を携帯電話のアプリで管理するものです。会社のシステムと連動させることにより、集計作業がなくなり、不正打刻や、集計ミスを防ぐことが可能となります。

Releated Post