信頼されることが大切!お客様の警戒心を解く営業のノウハウ

警戒心を解く会話をしよう

自社の商品を売りつけるのではなく、お客様のニーズを把握することが必要です。そのために重要なのがコミュニケーション。まずは、お客様の警戒心を解き、心を開いてもらうことです。ただ商品の話をするのではなく、お客様の趣味やライフスタイルなど話しやすい内容を話したりすることから始めます。その中でお客様の悩みや業務に支障があることなどを聞き出します。そこではこちらが販売したい商品に無理に結び付けるのではなく、対策や提案をすることがポイント。無理に商品を紹介したり、提案したりすると警戒されてしまう危険性があるからです。押し売りはせず、お客様の立場に立って、悩みが解決するような提案をします。

お客様の情報収集も必要

対策や提案は、結果として自分が販売したい商品に結び付けていかなければなりません。そのためには、自分が売りたい商品に結びつくような提案が必要です。お客様から情報や悩みなどを引き出す会話力も大切ですが、お客様のことを徹底的に調べることも必要です。自分が調べた情報と直接お客様から得た情報から、的確なニーズを引き出し適切な商品を提案すること。それができれば信頼を得られるでしょう。信頼を得ることができれば、営業もしやすくなります。リピートをしてもらえる可能性も高まります。さらに売りっぱなしにするのではなく、しっかりしたアフターフォローを忘れないことも大切です。用事がなくても連絡をしたり、顔を出したりすることでより信頼される営業になれるでしょう。

営業代行というと、信頼性が心配になるかもしれませんが、複数の会社のアポを獲得したり、色々な実績を積み重ねたりできるので注目を集めています。

Releated Post