DIYでも作れる?電気製品の製作にチャレンジしよう!

自作可能な電気製品とは?

電気製品は、コンピューターやAIを導入した高性能の物が多数販売されています。こうした多機能・高性能の電気製品を自作することは困難ですが、昔ながらのトランジスター式ラジオや一定の温度の高熱まで上げられるアイロンやスパチュラなどは、自作が可能です。電熱線を貼り付ける電気毛布なども、自作できます。モーターを組み込めば作動できる扇風機や電気ドリルのほか、かき氷器や鉛筆削り機も組み立てられるでしょう。また、乾電池を使う懐中電灯も自作が難しくありません。

電気製品を自作する際の注意点

電気製品は、過熱して火傷や火事の原因となるリスクがあるほか、感電や漏電のおそれがあるため、自作には注意が必要です。通電量を制御できるよう調整しないと、長時間使用する前提の電気毛布などは過熱して発火する危険性もあります。電気毛布の素材は難燃性の高い素材を使うようにしましょう。アイロンやスパチュラも同様で、使用時間が電気毛布より短いとはいえ、過熱すれば配線が焼けて使えなくなってしまうこともあるでしょう。

特に、手で持つハンドル部分が過熱しないよう断熱材を用いることを忘れてはいけません。過熱さえ注意すれば、アイロンやスパチュラは素人でも比較的簡単に製作できます。電気モーターも、通電の設定を誤ると過熱して壊れてしまいます。涼風を求めて扇風機を自作しても、モーターが過熱したら熱風を室内に送る結果になりかねません。家庭の電圧に耐えられる容量の大きいモーターを選びましょう。乾電池式の懐中電灯やラジオなどは、感電や過熱のリスクが小さく、初心者向きと言えます。組み立ても簡単で、災害など緊急時に役に立ちます。

プリント基板設計は、その製造に必要なすべての電子部品の配置やアートワークを設計することを意味します。

Releated Post