こんなにあるの!?4種類のビジネス研修!

ビジネスマナー研修とは

会社の仕事を覚えるためや社会人として礼儀を身に付けるためにビジネス研修を実施しますが、そのビジネス研修にはいくつかの種類があります。その代表的なものとして、ビジネスマナー研修が挙げられます。これは社会人であれば必須となる丁寧な言葉遣いやTPOごとの挨拶の仕方、取り引き先に好感を持たれやすい身だしなみなどを学びます。

コンプライアンス研修

様々な種類のあるビジネス研修ですが、それらの中でもコンプライアンス研修は特に注目を集めています。企業経営においてコンプライアンスは大事な要素であり、これを欠くことで取り引き相手との信頼関係が損なわれてしまうだけでなく、SNSなどを始めとした各種メディアにおいて炎上騒動を起こしてしまう可能性があります。それらのリスクを回避し、企業経営を円滑に進めるためにコンプライアンス研修は実施されています。

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキング研修というものも、ビジネス研修では重要視されています。これは和訳すると論理的思考法という意味で、その名の通り、様々な物事を論理的に考えていくことを指します。好き嫌いや喜怒哀楽などの感情になるべく左右されずに、論理的に対処していくことで、トラブルの解決や商品開発などを効率良くスピーディーにおこなえるのです。

プレゼンテーション研修

ビジネス研修の中にはプレゼンテーション研修というものもあります。これは会議の場面において、企画の提案をする際などに有用とされています。どのように話せば相手に上手く伝わるのかといったコミュニケーション的な技術を始めとして、スライドやパワーポイントの使い方などを学んでいきます。

主に専門家からの講義やワークを通して、仕事をする上で役に立つ知識や考え方を学びます。現在では数多くの企業や専門家が、様々な人材育成のセミナーを開催しています

Releated Post