内部での作業は安全第一!倉庫の仕組みや安全性について学ぼう!

大量の荷物を保管する施設なので死角が多い

倉庫は用途の性質上、常に大量の荷物が置かれています。業種によってはほぼ毎日、頻繁に荷物の搬出入があるので混雑しやすいと言えるでしょう。人の背丈よりもはるかに高く荷物を積み上げることも珍しくないため、倉庫内での作業は決して安全とは言えません。荷物がいくつも並んでいると死角ができやすくなり、人や作業車両が行き来する際に思わぬ事故に見舞われるおそれもあります。倉庫内での作業は常に整理整頓を心がけ、死角ができないように注意しなければいけません。荷物の扱いについても安全第一を心がけ、不安定な積み方や作業車両の誤った使用は避けます。荷物の重さに耐えられるように床がコンクリートや金属で作られている倉庫が多いので転倒にも十分に注意することが大切です。

倉庫は日光が入らない構造になっていることが多い

一部を除き、倉庫は採光用の窓が無い構造になっています。これは日差しによって室温が変化するのを防ぐためです。また、日差しが当たった部分が日焼けすることもあります。倉庫に保管されている物品の品質を低下させないための工夫ですが、その一方で窓が無いために倉庫の内部は常に真っ暗な状態です。作業を安全に行うためには照明を点灯させる必要がありますが、それでも日光の明るさと比べると暗く感じる事実は否定できません。保管している物品によっては照明の光でも傷んでしまうことがあるので、影響しない程度まで暗くする必要があります。暗くなると見えにくくなり、事故に遭うリスクも増大するので慎重に作業することを忘れてはいけません。

物流施設での仕事は単に荷物を配送先ごとに仕分けするだけではありません。ドライバーが訪れるタイミングに合わせて荷物を積み込む必要があるので、時間配分に注意して荷物を移動させる技能が求められます。

Releated Post